一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

つめもの・かぶせもの

つめものの治療の流れと材料による違い

奥歯治療(つめもの)の流れ

奥歯治療(つめもの)の流れ

「つめもの」の治療に使用する素材

セラミック

ゴールド

銀歯

材料による3つの違い

つめものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1「美しさ」

小さなつめものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

違いその1「美しさ」

違いその2「再発リスク」

つめものは、歯との隙間にプラークがたまりやすく、むし歯が再発することもあります(二次むし歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリです。

違いその2「再発リスク」

違いその3「安全性」

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

違いその3「安全性」

前歯のかぶせもの

前歯の治療の流れと材料による違い

前歯治療(かぶせもの)の流れ

前歯治療(かぶせもの)の流れ

「かぶせもの」の治療に使用する素材

「かぶせもの」の治療に使用する素材

材料による3つの違い

前歯の治療は使用する材料や方法により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1「美しさ」

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。セラミックならプラスチックのような変色はほとんどありません。

違いその1「美しさ」

違いその2「耐久性」

せっかく治療するのですから、いつまでも丈夫で長持ちすることも大切です。プラスチックは、歯ブラシでこするだけでも傷がつきますが、セラミックならそのような心配はありません。

違いその2「耐久性」

違いその3「清潔感」

セラミックの材料は、毎日使うお皿と同じだからとても衛生的です。むし歯や歯周病の原因となる細菌(プラーク)がつきにくく、歯みがきをすればしっかりと落とせます。

違いその3「清潔感」

奥歯のかぶせもの

奥歯の治療の流れと材料による違い

奥歯治療(かぶせもの)の流れ

奥歯治療(かぶせもの)の流れ

「かぶせもの」の治療に使用する素材

セラミック

ゴールド

銀歯

材料による3つの違い

かぶせものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1「美しさ」

小さなかぶせものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

違いその1「美しさ」

違いその2「耐久性」

かぶせものは、その精度や素材のかたさなどによって、使用できる年数に違いがでることもあります。 なかでも、ゴールドは丈夫さNo.1です。 また、 耐久性と美しさの両方を求められる方には、金属にセラミックを焼き付けたメタルセラミックもおすすめです。

違いその2「耐久性」

違いその3「安全性」

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

違いその3「安全性」