一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

舌が痛い方への対応

舌が痛い方への対応
舌の痛みを引き起こす原因はいろいろとあります。舌に痛みが出た場合、きみ歯科・口腔外科クリニックでは考えられる原因を一つ一つ除去して痛みの原因の究明や解決を試みます。

平成22年4月~平成25年12月までに当院に舌の異常を訴えて受診した患者様は、213名いらっしゃいます。

来院した患者様の原因としては、亜鉛欠乏による味覚障害が最も多く約5割を占め、次に口腔カンジダ症が約3割ほどいらっしゃいました。舌の外見に異常のない痛みは、亜鉛欠乏による味覚障害が原因であることが多く、血液検査、細菌検査を行うことにより、正しく診断をします。

一部の症例に、血液検査、細菌検査では原因のはっきりしない症例があり、そのような症例に対しては、漢方治療が有用であると考えています。
歯科衛生士として舌の異常に対する口腔ケアは、舌およびその周囲組織の清掃状態を改善させ、舌の症状改善の補助となることに加え、患者様の話を傾聴することにより、患者様の心理的不安の改善に大きな役割を果たすよう努めています。

近年増加する四つの疾患

  1. 口腔カンジダ症
  2. 舌痛症
  3. 口腔乾燥症
  4. 味覚障害
※症状が類似しており、鑑別が困難なことが多い。
※口腔内に明らかな原因が見つかり難いため、適切な対応がなされず行き場をなくすケースが多くあります。

舌の異常とその背景

舌の異常とその背景

診療・治療の流れ

初診

  1. 問診(全身疾患、内服薬など)
  2. X線撮影(舌以外の部位からの痛みの関与を否定するため)
  3. 舌診(舌写真4枚法)
  4. 細菌検査(カンジダ)
  5. 血液検査(血算、血清亜鉛、血清鉄、ビタミンB2、ビタミンB12)
  6. 口腔ケア(スポンジブラシ等使用)
  7. 薬処方(アズレイうがい液等)

初診より1~2週間後

  1. 舌診(舌写真4枚法)
  2. 検査結果説明
  3. 口腔ケア(スポンジブラシ等使用)
  4. 歯周組織検査、スケーリング(歯周組織から舌への細菌の移行が疑われる場合)
  5. 薬処方(イトリゾール内用液1%、プロマックD錠 75mgなど)
  6. 2~3ヶ月程度様子を見る

初診より2~3ヶ月後

【症状改善傾向の場合】

  1. 舌診(舌写真4枚法)
  2. 再細菌検査、血液検査
  3. 薬再処方、減量について検討
【症状不変の場合】

  1. 舌診(舌写真4枚法)
  2. 再細菌検査、血液検査
  3. 薬再処方、または漢方薬の処方について検討

症例

89歳、女性:舌の赤み、カンジダ陽性

プロマック細粒(約2ヶ月間)、イトリゾール内用液1%(約2週間)処方

1
2

61歳、男性:舌がピリピリする

プロマックD錠内服(約2ヶ月間)後、舌のピリピリ感消失(舌粘膜の肉眼的変化は無し)

1
2

14歳、男性:舌が赤い(痛み・違和感なし)、カンジダ陽性

プロマックD錠、イトラコナゾール錠50「MEEK」内服

1内服前
22週間後
31ヶ月後