一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

小児歯科診療

小児歯科診療

あなたのお口の健康を守りたいと思っています

きみ歯科・口腔外科クリニックでは、生涯健康な歯で豊かな生活を送っていただくために予防歯科を基盤とした歯科診療を行っています。

診療のながれ

1.初診カウンセリング

まず、患者様のお話をお子様及び保護者様からじっくりと伺います。
患者様がどのようなことでお悩みなのか、どのようにしていきたいのかなどをうかがうことで、その患者様がどのような方なのかを理解してから治療に入ります。

2.初診時検査

パノラマX線写真
パノラマX線写真
当院ではX線写真はデシタルになっています。被ばく線量が通常のフィルムを使用するレントゲン写真の10分の1です。必要に応じて、CT撮影等のX線写真も行います。

3.診察

ご記入いただいた問診表やレントゲンを確認しながら、歯科医師が問診を行います。すぐに治療が必要な歯があった場合には応急処置を行います。
当院では初診時にお口の中の写真を5枚とお顔全体の写真を2枚撮影します。

「どうして写真をとるの??」

歯肉の変化(歯肉の腫れ・色など)やプラークの付着している量・部位、歯の形、歯並び…そしてお顔全体を見ることでゆがみなど…患者様自身のたくさんの大切な資料となります。

どうして写真をとるの??

4.口腔内規格写真

最初の状態を記録に残しておきましょう!
口腔内規格写真

5.カリエスリスク(だ液)検査

う蝕(虫歯)治療を希望される、または必要な患者様では、カリエスリスク(だ液)検査では、だ液の検査及びむし歯の原因となる要素を総合的に検証することにより、お子様のむし歯のリスクが分かります。
この検査結果に基づいて、むし歯の予防プログラムを作製します。
カリエスリスク(だ液)検査

6.細菌カウンタ

お口の中を綿棒でこすって、機械にかけお口の汚れ具合の状況を確認します。
治療の前と、治療が全部終わったあとにおこない、どのくらい変化があったかをお知らせします。
細菌カウンタ

治療の流れ

歯ぐきの状態を確認します
歯ぐきや顎骨の検査を行い現状把握します。
結果に応じて歯ぐきの治療方法についてご説明致します。

歯周ポケット測定

専用の器具を使って歯肉炎の進行を検査します。

歯周ポケット測定
歯の表面の汚れを取ります
まず表面の歯垢・歯石除去と清掃指導を併せて行い、歯ぐきの腫れを軽減させます。
その後、歯ぐきの状態を再検査して、必要があれば、奥につまっている歯石や細菌を丁寧に取り除きます。
虫歯の治療をします
お子様の治療を安全に遂行するために、写真のようなシートベルトやマスクを使用することがあります。これらは必要に応じて個々にご説明いたします。
虫歯の治療をします
予防処置その1
虫歯のなりやすい噛む部位からの虫歯予防のため、皆さんに写真のようなシーラント(溝埋め)をさせていただいています。
※保険の範囲で処置させていただきます。
歯に肉がかぶっている場合
歯に肉がかぶっている場合
しっかり生えている歯の場合
しっかり生えている歯の場合
予防処置その2
3~4ヶ月に1回のフッ素塗布(保険外¥1,500)で、歯の質を丈夫にするようお勧めしています。
※お得なチケットやパスポートもあります。ご兄弟等で活用して下さい。
フッ素塗布
予防処置その3
虫歯予防にフッ素うがいを推奨しています。定期健診や治療で来院された4歳以上ぶくぶくうがいのできるお子さんには治療の最後に30秒うがいをしていただきます。
※ご希望でない方は事前にスタッフへお申し付けください。
※料金は院内は無料ですが、購入も可能です。詳細はお尋ねください。
フッ素うがい

むし歯…削ってつめたらおわり?

一度治療した歯は永久に虫歯にならないわけではありません。
虫歯はバイオフィルムと呼ばれる毒性の強い細菌の固まりで引き起こされます。

口の中の状況によって、簡単に虫歯は再発します。

お口の中の健康を長持ちさせるために

お口の中の健康を長持ちさせるには「適切な治療」と「メインテナンス」などお口の環境改善を作ることが最も重要です。
虫歯の再発予防には、定期的な機械を使ったクリーニング予防処置が必要になってきます。

痛いところだけ・とれた所だけ・ここだけを治してほしいという患者様へ

できるだけ患者様のご希望にそうように対応致しますが、痛い所だけ・とれた所だけ・ここだけという診療では長期的にみればむし歯の再発はさけられません。
どうしても上記の治療を希望される場合は再発する可能性が高いことについて、御了承頂きたいと思います。