一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

無痛治療

痛くない治療をめざして

痛くない治療をめざして
歯科医院を受診することが怖かったり、嫌いだったりする理由として一番に挙げられるのが、局所麻酔を行う際の痛みです。しかしいくつかの方法により、この痛みをやわらげることが可能です。

局所麻酔の痛みは、主に針を刺すときの痛みと、麻酔液を注入するときの痛みの二つに分けられます。

針を刺すときの痛みに対しては、事前の表面麻酔ジェルの使用、細い針の使用、口の中の痛点が少ない部位に針を刺すようにすることなどを行います。また、近年は針そのものがない注射器も市販されています。針がない代わりに麻酔液が強圧で噴射する穴があり、この部分を歯ぐきに当てて麻酔液を噴射させると麻酔効果が発揮されます。針がないので、それだけでもずいぶん怖さがなくなりますが、深部まで麻酔をすることが必要な場合は、通常の針のある局所麻酔を併用する必要があります。

麻酔液の注入時の痛みに対しては、麻酔液の温度を体温と同程度に温めておく、できるだけゆっくり注入するなどの方法を行います。麻酔液をゆっくり注入するために電動の局所麻酔注射器を使用することもあります。

また、局所麻酔と併用して、笑気ガスの吸入または抗不安薬・静脈麻酔薬を点滴投与し、治療に対する不安や恐怖心を薄れさせることにより、患者様がリラックスして治療を受けることができる笑気吸入鎮静法静脈内鎮静法を行うことも1つの方法です。

無痛治療へのこだわり

slide0096_image013

麻酔について

麻酔を使用する際は、基本的に「表面麻酔」という塗るタイプの麻酔を歯茎に塗布してから、麻酔薬の注射を行います。
そうすることにより、局所麻酔の針の刺入を和らげる効果があります。

masui1

電動局所麻酔注射器(オーラスター)

麻酔注射の速度をコントロールすることで、麻酔注射の痛みを軽減することができます。

masui2

針なし局所麻酔注射器(シリジェット)

針がないことで針を刺すという恐怖感を取り除くことができます。シリジェットを軽く歯肉に当てて圧力をかけることにより、麻酔液を歯肉の深さ1センチまで浸透させることができます。
痛みがないだけでなく、少量の麻酔液でスピーディーに効果が現れます。

masui3

笑気吸入鎮静法

鼻マスクより笑気ガスと酸素の混合ガスを吸入することにより、リラックスして治療が受けられる方法。意識がなくなる等の変化はありません。

静脈内鎮静法(リラックス麻酔)

抗不安薬や静脈麻酔薬などを単独、あるいはこれに鎮痛薬を併用して静脈内に点滴を行い、鎮静状態(うたた寝をしているような状態)を得る方法です。気付くと治療が完了しています。