一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

インプラント義歯(入れ歯)

ロケーター2
「入れ歯が合わなくて痛い」「会話中によく外れる」「しっかり噛めない」「歯磨きがしずらい」など、このようなお悩みはありませんか?

そのような患者様のお悩みを改善する方法としてインプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)によるインプラント治療があります。

インプラント義歯とは

inp
歯が全く無い場合や、失った本数が多い場合には、全ての部位にインプラントを行う場合もありますが、義歯(入れ歯)を併用する場合もあります。

インプラント義歯とは、2本から4本のインプラントを埋入して、入れ歯の裏側とインプラントを連結し、入れ歯を動かないようにしっかり安定させることができるインプラント治療です。

インプラントを土台にする義歯は、通常の義歯と比べて、余分な留め金(金具)の必要がなく、留め金などをかけるために、健康な歯を削る必要がありません。

支えがしっかりしているため、不安定な義歯でお悩みだった方の場合でも、よりずれにくく、外れにくい義歯にすることができます。また、取り外しが可能なのでケアも簡単で経済的な点もメリットです。ただ、取り外しが出来る半面、噛む力は通常のインプラントほど強くはありません。

インプラント義歯が適応する患者様

  • 入れ歯が安定しないため、しっかり噛むことができない
  • 会話をしているときにはずれる
  • 入れ歯が歯ぐきにあたって痛い
  • 骨量が不足しているため、全顎のインプラント治療ができない

メリットとデメリット

インプラント義歯のメリット

  1. 入れ歯がインプラントで強固に固定されるためはずれず、しっかり咬める。
  2. 入れ歯を小さく作ることができる。
  3. インプラントの本数が少ないので、ブリッジタイプのインプラント治療と比較し、治療費が比較的安価である。
  4. 患者さんが入れ歯を自由に取り外しできるのでメインテナンスが比較的簡単である。
  5. 骨を増やすような大きな外科手術がいらないことが多いので全身的負担が少ない。

インプラント義歯のデメリット

  1. インプラントを使用しない入れ歯と比較して治療費が高額になり、手術が必要である。
  2. ブリッジタイプのインプラント治療と比較して、使用感がやや劣る。

インプラント義歯の種類

インプラント義歯の固定方法は様々あります。患者様の症状・要望などを考慮して最適な治療法をご提案いたします。

マグフィットアタッチメント(磁石式入れ歯)
マグ1
マグ2
マグフィット(磁石式入れ歯)とは、磁石の力で入れ歯をくっつける治療法のことです。
埋め込んだインプラントに『磁性金属(磁石にくっつきやすい金属)』を取り付け、入れ歯には小型の磁石を埋め込みます。

メリット

  • 装着・取り外しが簡単
  • ロケーターアタッチメントより安価
  • 大きい手術をしなくても埋入可能です 
  • 磁石は基本的に半永久的に使えます

デメリット

  • 心臓ペースメーカーを装着されている方は使用できません
  • 入れ歯の固定性はロケーターに劣り、固定の強さは変えられません
  • 顎の骨が少ない場合、骨が多い部分に埋入しなければなりません

ロケーターアタッチメント
ロケーター1
ロケーター2
ロケーターアタッチメントとは、インプラントと入れ歯を結合させ、入れ歯を外れにくくする装置です。

メリット

  • 磁石式よりも強い固定が期待できる
  • 固定が弱くなってきても、メールと呼ばれる部分を交換することで、再び強い固定を得ることができる。また、強さの調節ができる
  • 顎の骨が少ない症例にも応用できる

デメリット

  • 磁石式よりも費用がかかる
  • 定期的にメールの交換が必要になる

インプラント義歯の料金

マグフィットとロケーターのお値段は以下のとおりです

レジン床義歯の場合 金属床義歯の場合
マグフィット(2本) インプラント代20万円
入れ歯代5万円
インプラント代20万円
入れ歯代20万円
ロケーター(2本) インプラント代30万円
入れ歯代5万円
インプラント代30万円
入れ歯代20万円

インプラント義歯の症例

65 歳、男性

■ 術前
inp1
■ 術後(義歯無し)
inp2
■ 術後(義歯有り)
inp3
■ インプラント義歯(上)とノンクラスプ金属床義歯・ばねなし(下)

inp4

会津若松市の歯科医院(歯医者)きみ歯科・口腔外科クリニックでは、インプラント義歯の治療実績も豊富にございますので、インプラント義歯をお考えの方は是非ご来院下さい。