一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

歯科インプラント

歯科インプラント
「インプラント」という言葉をお聞きになったことはありますか?
歯を失った部分に人工歯根を挿入し、再度歯の機能を回復させる治療法のことです。
当院では、この治療を行うことが望ましいと考えられる患者様には積極的に治療をお勧めしていますが、怖い、痛いのではないか、金額が高額なのではないか、という声をお聞きいたします。
インプラント治療を行うメリットは、自分の歯と同じように咬める、見た目が自然である、違和感が少ないなど、いくつかあるかと思います。最大のメリットは、インプラントにて治療を行う歯の周辺の歯にかける負担を最小限にすることにより、入れ歯やブリッジと比較して、できるだけ自分の歯を残せることにあると思います。

また、歯を抜いてすぐにインプラントを埋入する抜歯即時埋入を行うことにより、腫れ・痛みを最小限に抑え、かつ歯のない期間を短縮することが可能です。たくさんの歯を失った方には、少ない本数のインプラントを埋入して入れ歯を固定させるインプラント義歯にて治療を行うことにより、比較的安価に安定した咬みあわせを低入れることもできます。

インプラント治療は、従来と比較して、様々な多くの症例に対応できるようになり、かつきちんとメインテナンスを行えば長期的な安定を得ることができると考えられます。インプラントについて詳しく知りたい方はきみ歯科・口腔外科クリニックまでご連絡ください。

歯を抜いた後の治療法

ひどい虫歯(歯根のみになっている)や、ぐらぐらの歯(高度の歯周病)、怪我で歯がぐらぐらになった(歯の脱臼)場合や歯の破折など、どうしても治療や再生が難しく、歯を抜かなければならない状況になった場合、インプラントを含めて下記の治療方法があります。

ブリッジ

ブリッジ
■ メリット
固定式のため、違和感が少ない。保険適応。
■ デメリット
健康な歯を削る必要がある。歯の抜けた部分の骨がやせる場合がある。物が挟まり、よごれがたまりやすい。

入れ歯

入れ歯
■ メリット
健康な歯をほとんど削らなくてすむ。保険適応。
■ デメリット
残っている歯にバネをかけることで負担がかかる。毎日の取り外しが必要。慣れないうちは違和感がある。固い物が食べにくい。見た目が良くない。発音しにくい。

インプラント

インプラント
■ メリット
周りの歯を一切削らなくてよい。自然な見た目。自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。顎の骨がやせにくい。
■ デメリット
自費診療(高額)。インプラントを埋める手術が必要。やや治療期間がかかる。

インプラントをオススメする理由

  1. 保険適応外なので高額にはなってしまいますが、現時点で考えうる治療法の中で、最も「咬む」という機能を長期的に安定して維持することが可能な治療法。
  2. 平均20年以上安定した状態を保つことができると言われています。
  3. (入れ歯:2~3年、ブリッジ:7~8年)

インプラントの種類と費用

1
スプラインインプラント(HAインプラント)
ハイブリット前装冠(白い歯):30万円(税別)
FMC(銀歯):25万円(税別)
植立する部位の骨質がよくない、骨量が少ない場合に用いる。2次手術時にインプラント体の動揺がある場合でも、増し締めを行い再度インプラント体の安定をはかることができる。
2
IATインプラント(チタンインプラント)
ハイブリット前装冠(白い歯):25万円(税別)
FMC(銀歯):20万円(税別)
植立する部位の骨質が良好である場合に用いる。2次手術時にインプラント体の動揺がある場合、撤去し再埋入が必要となることが多い。
※その他、別途インプラント埋入用CT(2万円、税別)、サージカルステント作成(2万円、税別)がかかります。
※分割・クレジットカードでのお支払いも可能です。

HAインプラントとチタンインプラントの 使い分けと組み合わせ

HAインプラントは、抜歯即時埋入、歯周病などで骨吸収が大きく、条件が悪い部位に用います。チタンインプラントは、埋入部位の骨の条件がよく、骨吸収の少ない部位に用います。
2種類のインプラントを使い分け、組み合わせて用いることで比較的安価に、良い結果を得ることができます。

インプラントの症例

17歳、男性(抜歯早期埋入:HAインプラント)

以前より当院に来院されていましたが、外傷にて右上中切歯を欠損。抜歯インプラント早期埋入を行いました。

■ 術前
17m1
slide0403_image210
■ 術後
17m2
slide0404_image229

17歳、女性(腫瘍摘出後埋入:HAインプラント)

歯牙腫(歯の腫瘍)により、左下第一小臼歯の埋伏あり。歯牙腫を摘出しインプラント埋入を行いました。

■ 術前
17f1
slide0455_image240
■ 術後
17f2
slide0461_image261

術後腫脹の防止

  • ステロイド薬の使用
  • デカドロン錠0.5mg
  • 腫脹が予想される処置の術前にデカドロン錠2mg(4錠)を内服投与
  • 場合により術後にも内服
  • 成分はデキサルチン軟膏と同一
  • 自費診療扱い