一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

訪問歯科診療

訪問歯科診療とは

訪問歯科診療
訪問歯科診療
歯が痛い、入れ歯が合わない、しかし身体が不自由で歯科医院へ通うことができない…。
要介護の高齢者の患者様では、歯科医院に通院したくてもできない方がたくさんいらっしゃいます。
そんな患者様のご要望にお応えするために、ご自宅や施設に伺い、歯科治療や口腔ケアを行うのが訪問歯科診療です。

訪問歯科診療でできること

slide0201_image027
ご自宅でも歯科医院と同じように十分な治療が受けられます。訪問歯科診療では、持ち運び可能なポータブル機器を使います。

虫歯治療、歯周病治療、入れ歯の作成・調整など、歯科医院に通院して受ける治療とほぼ同等の治療をうけることができます。

重度疾患をお持ちの方、お体の状態が優れない方でも、ベットに寝た状態、車椅子に乗った状態で治療ができます。
※一部、歯科医院で行うべき診療もございます。

訪問歯科診療の費用について

訪問歯科診療は、基本的に保険内診療となります。
外来診療(通院)のときと同じように保険(医療保険・介護保険)が適用されます。
交通費・出張費は一切かかりません。

訪問歯科診療の対象となる方

slide0200_image024
訪問歯科診療の対象になる方は、歯科医師により医院への通院が困難と判断された方が対象です。

当院より半径16km以内にあるご自宅・病院・施設等が診療可能地域となります。(下記マップのピンク色の範囲)

※対象となるかご不明の場合は当院までご相談ください。

※右上の四角のアイコンをクリックすると拡大されたマップが表示されます。

訪問歯科診療の流れ

1.ご相談

ご相談を受けはじめに検診を行います。
口腔内の状態や、全身状態、現在処方されている薬の確認を行います。必要に応じてレントゲン検査を行います。

2.ご説明

検診の結果を説明し、最善の治療方法をご案内します。

3.治療+口腔ケア

ご納得いただいた上で、治療計画に従って治療をしていきます。
お口の清掃も行い、歯性病巣感染や誤嚥性肺炎の予防をします。

4.メインテナンス(主に口腔ケア)

高齢者においては病気にかからない様にするために口腔内を清潔に保つことは最も大切です。
当クリニックでは定期的な口腔ケアをお勧めしています。

口腔ケアについて

訪問診療で行う口腔ケアは、お口の中を清潔に保つことで、虫歯や歯周病を予防するだけでなく、お口の健康維持、老化・認知症の防止、誤嚥性肺炎の防止、全身的な健康維持などQOL(生活の質)の向上に役立ちます。
きみ歯科・口腔外科クリニックでは、歯科診療を行うばかりでなく、食べること、飲み込むこと、歯磨きや入れ歯の清掃指導など口に関わること全体を考えた歯科訪問診療を行っています。

在宅歯科診療と摂食嚥下機能検査

~安全に、そして楽しく食べるために~

摂食嚥下障害とは

摂食嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)とは、食べたり飲み込んだりすることがうまく出来ない状態のことを指します。
むせたり、誤嚥(食べたものが気管に入ってしまうこと)する、飲み込めむのに時間が掛かったり、飲み込めずに口に残ったりといった症状が挙げられます。

誤嚥性肺炎とは

食べ物や唾液などの誤嚥などを繰り返すことにより下記のような症状を引き起こします。
• 食事中・後の咳き込み
• 定期的な肺炎、熱発
• 食欲の減退、体重の減少
• 食後に胸のつかえ
摂食嚥下障害による誤嚥性肺炎などは、気付きづらく死亡原因にもつながるリスクがありますので、早期発見対応が必要です。

嚥下内視鏡を導入

きみ歯科口腔外科クリニックでは、摂食嚥下機能の検査を行えるよう「嚥下内視鏡」を導入しております。
嚥下内視鏡

嚥下内視鏡検査に用いるテストフード
直接見ることのできる範囲と、嚥下内視鏡で見える範囲は大きく異なり、より精密な検査を行うことが可能になります。

摂食・嚥下リハビリテーションの必要性

~飲み込む能力の回復、誤嚥性肺炎の予防~

後期高齢者が増える現代、安全に、そして楽しく食べるという意味で、摂食・嚥下リハビリテーションは重要になってくると考えています。
今後、会津地方において摂食・嚥下リハビリテーションを広げていくためには、まず施設職員等を含めた、介護関係者の理解を深めていくことが重要です。