一般歯科診療から高度な口腔外科手術まで インプラント・ホワイトニング・入れ歯・無痛治療もお任せ下さい - 会津若松市の歯医者|きみ歯科・口腔外科クリニック

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症とは

顎関節症(がくかんせつしょう)
顎の関節の周りで何らかの要因で痛みや機能低下が起きることを言います。治療をしないでも治る場合もあれば、治療をしなかったために慢性化してしまう場合もあります。

また、悪化した場合、口があがない、顎に痛みやしびれがある、噛むと痛い、などの症状が起こり、日常生活にも支障をきたします。

顎関節症の症状

  • 口を大きく開けると「コリッ」という音がする
  • 耳の辺りがなんとなく重い感じがする
  • 口を大きく開けると関節が痛い
  • グッと噛みしめると関節が痛い
  • 口を大きく開けられない
  • 朝起きると口が開かなくなっていたことがある
  • 顎がよくはずれそうになる
  • 関節が突っ張り、口の開閉がスムーズにいかない
  • 左右の関節の動きがずれている

顎関節症の治療

  1. 薬物療法
  2. ①顎関節痛や咀嚼筋筋痛などの疼痛に対しての対症療法です。
    ②顎関節症の痛みの発現過程における悪循環を遮断します。

  3. スプリント療法
  4. s1
    ①緊張状態にある顎関節をリラックスさせます。
    ②一時的に正常な咬み合せにして、顎関節症の症状をなくします。
  5. 低周波通電療法(マイオモニター)
  6. m1
    m2
    三叉神経、顔面神経幹を経皮的に電気刺激し、同神経支配下の筋の一過性同時収縮を惹起することで、咀嚼筋の異常な緊張を緩和し、筋リラクゼーションをはかる理学療法。
  7. パンピングマニュピレーション
  8. p1
    注射針で関節腔を穿刺し、局所麻酔剤でパンピング(注入と吸引を繰り返すこと)を行う。これによって関節可動域を増大させたり関節腔を洗浄することができる。
  9. 咬み合わせ調整
  10. k1
    正常な咬み合わせにして、顎関節症の症状をなくします。(歯の削合、かぶせ物の作成、入れ歯の作成)
  11. 生活習慣の改善
顎関節症は生活習慣病的な部分が大きいため、患者様ご自身が行う自宅療法(セルフケア)が重要となります。顎関節症を誘発する要因を把握しそれらを取り除くことをしなければ、根本的な治療にはならないとも言えます。
顎が痛い、口が開かないなどの症状がある方は早めにご相談頂ければ、原因の特定や治療、その後の生活習慣の改善のご提案などさせて頂きます。